■ 飛鳥山位置全景 PDF
        
 ■ 飛鳥山薪能 今までの演目・演者
         ■ これまでの記録(写真集)
         [ 実行委員会・ボランティア構成 
]
         [ 飛鳥山薪能に関する新聞記事 PDF ]
  <NEWS>
 ・第十五回飛鳥山薪能 のご案内 一部掲載しました
  (2017.05.4)
 ・正規ポスター案内用チラシ掲載しました(2017.05.18)
 ・これまでの記録(写真集)において過去の写真展の頁を
  追加しました.
  
 
飛鳥山薪能実行委員会ではFacebookを立ち上げました *
         石神井川の水脈の集まる、いにしえの水の都であった王子地区にある飛鳥山。
         江戸開府四〇〇年の記念すべき年(平成十五年)に、この地で薪能を上演し始めてから今年で十五回目を迎えます。
         日本を代表する能・狂言の演者の皆様を毎回お迎えして上演される飛鳥山薪能は、秋の飛鳥山の風物詩となりました。
 



        
  演 目    
   狂 言  [ 二人袴 ]  野村 万作、野村 萬斎  他
     [ 大般若 ]  松本 千俊、御厨 誠吾、深田 博治  他
       
  期 日  平成29年10月4日(水)

開場 午後5時30分/開演 午後6時30分/終演予定 午後8時50分
       
  会 場  飛鳥山公園内 野外舞台

* 雨天時 北とぴあ さくらホール(JR京浜東北線・東京メトロ南北線 王子駅下車 徒歩5分
 
       
        チケット(全席指定)     座席案内図 はこちらから
         <入場料>
         SS席 8,500円/S席 6,500円/A席 4,500円/B席 3,000円

     
   (木) チケット発売開始   
    通常電話予約
 0570-02-9999
 
Pコード:459-235  
  セブンイレブン、サークルK、サンクスでも直接
お買い求めいただけます(要Pコード)
 
北とぴあ1階チケット売り場
(窓口のみ10:00〜20:00)
 

      
         
        <第十五回 飛鳥山薪能 詳細>

  解 説  横浜能楽堂館長 中村  雅之
お祓い  王子神社神主 八木  光重
火入れ式  北区長 花川與惣太
 北区教育委員会教育長 清正  浩靖
     北区謡曲連合会会長 伊藤  光夫
     飛鳥山薪能実行委員会会長  尾崎  眞一
       
  番 組−   
          
     狂言   二人袴 舅   野村  万作
  兄   野村  萬斎
    太郎冠者   月崎  晴夫
     聟   内藤    連
     後見   野村 太一郎  
  −休 憩 15分−   
   解説  横浜能楽堂館長  中村  雅之      
 
  能   大般若 怪勇深沙大王   松木  千俊 太鼓   柿原  弘和
  三蔵法師   御厨  誠吾 太鼓   徳田  宗久
  大王ノ眷属   深田  博治 小鼓   鵜澤 洋太郎
  笛   松田  弘之
  飛天   武田  祥照 後見   武田  友志
  飛天   武田  崇史    武田  志房
    龍神   佐川  勝貴 知謡   山中  景晶
    龍神   武田  丈志    小早川 泰輝
         高梨  万里
         清水  義也
      馬野  正基
      武田  宗典
 
      
          <演目の御案内>
     
  狂 言  二人袴 [ ふたりばかま ]
 聟入りが決まった聟は、舅の家に挨拶に行くことになった。一人で行くのが気恥ずかしい聟は兄に同行を求め、舅の家に着くと、門前では長袴までつけてもらう。聟が舅との挨拶を済ませると、舅の家の太郎冠者が表に聟の兄がいると舅に告げに来る。
 慌てた聟は自ら兄を迎えに行くが、祝儀の場に必要な長袴は聟の分しか持ち合わせておらず、何とか口実をつけ、交互に一着の袴をつけて目通りするが・・・。


 
能    大般若 [ だいはんにゃ ]

 
「西遊記」呉承恩作で知られる三蔵法師は、孫悟空・猪八戒・沙悟浄等と妖魔の障害を乗り越えて経典を得る話だが、能「大般若」はこの作品の遥か前からあって、上演されていた。
 筋書きは、三蔵法師が「大般若波羅蜜多経(だいはんにゃはらみったきょう)」を求め、長安を出発してシルクロードを通り天竺へ向かう途中、西域の大砂漠、流沙河に至ると怪しい男が現れる。三蔵法師は、男にこの河いかに渡るべきかと尋ねる。男は、『大般若の妙軸を西方に広める大願は有り難いが、汝の前世、先の世も大願叶わず、七度までこの河の主に阻まれ、命を落とした』と語った。驚く三蔵法師は、貴方はいかなる人かと尋ねると、この河に住む深沙大王だと。大願を失わない法師の姿勢に、今こそ経典を与えようと告げて消えてゆく。
 軽快な音に乗って飛天が現れ、舞楽を奏する。谷風が烈しい雲の波から龍神が現れ、三蔵を拝するなか、山河は大きく震撼して威容を放つ深沙大王の出現となる。
 悪事悪魔は万里に退き、十万世界の諸天の来現、吉事は日夜に、極り無し、と「大般若経」を読み上げ、この経の守護神となると誓って、名残を惜しむ。
 大砂漠に繰り広げられた、神々が連なる姿は壮大な光景である。
                                           プロデュース  旅川 雅治
 
   
     
 
 
 
 
   飛鳥山薪能実行委員会*****
会長   尾崎 眞一
*****
 
 
飛鳥山薪能は、能楽師の故・木村薫哉氏の自分が生まれ育った北区に能を通じて何か恩返しがしたい・・との気持ちから飛鳥山に薪能の篝火が灯り、区内町会、地元商店街・地元企業から、年々多くのボランティアがスタッフとなる地域を挙げた薪能として育ってまいりました。ご高承のとおり、飛鳥山公園は江戸時代より桜の名所であり、眺望の良さを兼ね備えた都市の中では人気の憩いの場です。また、薪能が開催されるようになって以来、篝火によって醸し出される「幽玄さ」が都区内では最も素晴らしい能舞台であるとの評判を得られるようになりました。
 
    このように利便性が高く、且つ、木立に囲まれた野趣溢れる
   素晴らしい能舞台で当代超一流の能楽師が演じる「薫り高い
   文化行事」を開催できることは区民として大きな誇りであります。
   飛鳥山薪能実行委員会として、素晴らしい舞台に相応しい運営
   に一層努力してまいります。
   今後とも、ご指導・ご鞭撻下さいますようお願い申し上げます。
              
 
               
  
             
       
    
  雨天時のご案内
   
  
 ●雨天の場合は北とぴあ・さくらホールにて公演を行います。
   ●JR王子駅や飛鳥山会場等に案内係が立ちます。
   ●さくらホール受付にて、チケットに対応した下記のような振替座席指定券を配布致します。
  
        
  
     
・チケットに対応した振替座席指定券の対応表(PDF)  SS席  S席  A席  B席
     ・さくらホール 座席表(PDF)
    
   

     
     
飛鳥山公園へのご案内
      ●JR京浜東北線王子駅中央口・南口から徒歩5分/地下鉄東京メトロ南北線王子駅1番出口から徒歩5分
        都電荒川線王子駅前もしくは飛鳥山停留所から徒歩5分

      *駐車場がございませんので車でのご来場はご遠慮ください。
      *場内での撮影・録音・時計のアラーム及び携帯電話は固くお断りいたします。
       
 
     
   
        
   [ お申し込み・お問い合わせ ]
 飛鳥山薪能実行委員会事務局(電話での受付時間:午前10時〜午後4時)TEL03−3821−3378 FAX03−6736−0608 
  
 
        
         主催 : 飛鳥山薪能実行委員会 
       共催 : 東京都北区、北区教育委員会、(公財)北区文化振興財団 
       後援 : 北区町会・自治会連合会、東京商工会議所北支部、(公社)王子法人会、(一社)北産業連合会、北区商店街連合会
             (公社)東京青年会議所北区委員会、 北区謡曲連合会、東京王子ロータリークラブ、東京北ライオンズクラブ
       
助成 : アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)  (申請予定)
    
 
          
  飛鳥山薪能実行委員会ではFacebookを立ち上げました *  
        
   Copyright (C) 2010   飛鳥山薪能実行委員会  All Rights Reserved